小春日和のなか落花生の収穫そして瑞雲

与久呂の日々
落花生の収穫中

明日は雨になるらしいので今日は午前も午後も落花生の収穫をしていました。
タロマ(お借りしている地主さんの屋号です)と呼んでいる畑で、長さ10数mの3本の畝に育てていました。

先日の別の畑(ナル3)よりも収量が期待できそうです。
また、草刈り機で雑草のメヒシバの上部を切っておいたので、作業がだいぶ楽でした。
先ず雑草、次に落花生を手で全部抜き、その後、地面の中に残った落花生を探します。

二刀流

アイキャッチ(一番上の大きい写真)では、私の使っていた鍬を奪って作業していた息子、
今度はご覧のような「二刀流」です。

 

かかと二人で

あたたかい日でした。

さぁ手を洗って昼休み

いくら「あたたかい」からって・・・
手を洗うと言うので水路のところに来ましたが
案の定、それだけでは済まず
裸足になって水の中へ
服もずぶ濡れ

着替えもしなきゃ

あいが咲いています!
あいの種を播く、あいを育てる、あいの花がさく・・・いい響きですね。

あいの花

今は花がまっさかり
アイキャッチ画像でも右上の方にピンクの花畑が写っています。

 

瓢箪

そしてここでは瓢箪も作っていました。
これは千成瓢箪で、手のひらに収まるくらいの小さな瓢箪。
100個以上採れました。
何に使うかと言うと・・・タイトルの「半農半X」の「X」部分にある「創作」
農閑期に工作したいなと思っています。
そんなことを考えるとうきうきワクワクします。
別の畑ではコレよりかなり大きい「大瓢箪」も作っているのです。

 

根粒菌

落花生の根についた根粒菌
無肥料の畑では大事な存在です。
先ほど引き抜いた落花生の茎葉、このあと収穫する大豆の茎葉なども畑の重要な資源となります。

 

夕方、西の空に彩雲

夕方4時半頃、落花生の目処が立ち、
別の畑(ナル3)に移動
車を降りると西の空に彩雲が見えました。
地震雲という人もいますが、「瑞雲」という人も。
いい日が続きますように。

 

菜っ葉収穫

今、こちらの畑ではいろんな菜っ葉が育っています。

 

洗い車とムシロの落花生

帰宅して、庭に干してあった午前中収穫の落花生を片付けました。
見えにくいですが、真ん中にあるのは「芋洗い車」です。
普通は里芋などを入れて、水路にセットして使うのですが、
今日は落花生の土を洗い落とすのに使いました。
午前中に収穫したのがご覧の量で、
明日の雨が上がったら、午後に持ち帰った分(これ以上ありました)を洗って干します。

かなり鍬を使っていたので、ちょっと腰に来ています。
お疲れさまでした。

「小春日和(こはるびより)
晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天である。 移動性高気圧に覆われるなどして発生する。 冬の季語である(陰暦の冬は旧暦10月~12月)。  (ウィキペディアより)

今日10月28日は、ちょうど旧暦の10月1日でした。

タイトルとURLをコピーしました