町家オイデナーレ&みらいの八百屋 大成功!

与久呂の日々
みらいの八百屋の舞台となったタテマチノイエ

町家オイデナーレin郡上八幡 & みらいの八百屋

11月9日、10日に開催された町家オイデナーレin郡上八幡」
その中の公式イベントの一つとして地元のオーガニック農家が関わる「みらいの八百屋」
お陰様で大盛況でした。

雲ひとつない青空でした

ご覧のようないい天気。
二日間、まずは朝から野菜を納品して、八百屋の準備を一緒にして

八百屋さんの準備OK

このお店の奥にはキッチンがあって、
そこでは搬入された食材(地元オーガニックな野菜と米)を使った
ご覧のようなお弁当が作られています。

両日とも30食のお弁当を制作販売だったのですが、
先行予約で「完売!」
急遽、ドンドンさらなる料理が創作販売されていました。

さて、下の写真は当方“与久呂農園”の準備の様子
お米(コシヒカリとタカヤマモチ)、トマト、キクイモ、カボチャ、サツマイモ、
そしてエダマメが出荷できました。

エダマメは、ほとんどシーズンの終了間際で
あおい「エダマメ」か、それとも熟すのを待って「大豆」が良いか?
という選別の作業に時間がかかりました。

ということで、検品のチェックが厳しいです。

カボチャは5種類作っており、その中から選んで持っていきました。

 

店内はこんな感じ
6件の農家の作物や製品が並べられています。
章子さん、写真使わせてもらいました)

「みらいの八百屋」の会場となった「タテマチノイエ」は
「オイデナーレ」の目抜き通りから少し外れたところだったので
曲がり角にディスプレイを置いて集客を図り

SNSで情報発信してお知らせ!

広報PR用の撮影も・・・

そして、さらにご覧のように台車に乗せて
人通りの多いところで「引き売り」も。

こちらでも入念チェック?

試食用のトマトの配布 (一粒ずつ手に持って)

などなどの皆さんの頑張りのおかげで
とても盛況でした。

このように年一回の、仲間内の共同イベント「みらいの八百屋」
一緒にいて、とてもシンパシーを感じています。
同じ感覚の世界に住んでいる人たちだなぁ、と。
そして、「引き売り」をしていた時に声をかけてくれた人たちにも
それを感じました。
良い仲間たち
良い世界だなぁ
と感じた二日間でした。

キッチンスタッフ、本部スタッフ、農家スタッフの

皆さんお疲れさまでした。

タイトルとURLをコピーしました