無肥料

新規記事

温暖化? 寒冷化? 私の情報源

相次いで襲来し大きな被害をもたらした台風。 地球の今は、これからは? 私がずっと信頼している情報源と、最近の情報をご紹介します。 どうも今年から来年にかけて、大きな変化の波が来るそうです・・・。
新規記事

自然農法の広がりと「形の場」について

今、関心の広がりを見せている「自然農法」。実践者もとても増えている。不可能と思われていた「自然農法」がこのように広がったのは、そして可能になったのはなぜなのか?その説明にルパード・シェルドレイクの「形態形成場仮説」を引用して考えてみました。
お知らせ

ハッシャビョー、デージ! アジクータヤッサー‼(うちなーぐち講座)

今週末に行われるイベント「オイデナーレ」そして「みらいの八百屋」。そこにうちの「味の濃い=アジクータ」トマトも。 どうぞメンソーレ~。じゃなかった「オイデナーレ~」!
新規記事

「草」の効用、「虫」の効用 畑で考える

雑草や害虫というと、単に厄介なものというイメージかも知れないけど、決してそうではない。大事な役割を担っている。だから、その働きを邪魔せず、活かすように心がけて農業をしたい。それはもっと広く捉えると、病気や事故や困難なこと全てにも通じる。効用があり、メッセージを持っている。自分は、人は、「効用」=「役割」を果たしているだろうか? 自然からのメッセージ、宇宙からのメッセージをちゃんと受け取って生きているだろうか?
与久呂の日々

小春日和のなか落花生の収穫そして瑞雲

あたたかい陽気の中、家族で落花生の収穫。この畑では、藍、瓢箪、大豆、人参、ささげ、ハンダマ、ハーブ数種が育っています。夕方、彩雲が現れました。
与久呂の日々

落花生を掘りながら「じょうじゃく」について考える

落花生の収穫の様子。雑草、獣害・・・どうしても効率の良くない作業だが・・・こんなことを考えながら鍬を振っていた。農業、それ以外の多くの労働も、今の社会ではとても困難な状況にあると思う。「じょうじゃく」この社会の波に乗れない多くの人が、どうしていけば幸せにやっていけるのかなぁ、と。
お知らせ

町家オイデナーレとみらいの八百屋

毎年近くの郡上八幡で開催されているイベントで、今年は11月9、10日です。その中で「みらいの八百屋」はこの近隣のオーガニック農業に携わる農家メンバーの企画です。
与久呂の日々

カボチャ!と紫式部とデンデンと

出荷作業をカカが担当してくれたので、トトが一緒に散歩。その前に玄関でカボチャと記念撮影。今年もいろんなカボチャがとれました。
与久呂の日々

うちの畑づくり 「微生物の世界」を創る

うちの「畑づくり」の様子をご紹介します。作物の育て方、というよりその前の準備段階です。土の中に「微生物の世界」を創るのです。
お知らせ

おかげさまで今年のお米ができました

与久呂農園の今年の新米のご案内です
タイトルとURLをコピーしました